MacBookを買い替えのデータ移行!移行アシスタント×外付けHDDはおすすめ?

   

MacBook AirからMacBook Proに買い替えましたので移行アシスタントを使ってデータの移行を行うことにしました。

このページではその時の手順や準備したもの、所要時間などを書き留めておきます。

移行アシスタントって?

わたしもMacBookを買い換えるまでこんな機能があるなんて知りませんでしたが、マックにはデータの移行を簡単に行える「移行アシスタント」と言うアプリがあります。

この「移行アシスタント」を利用することによってPCの買い替えで一番面倒なデータの移行を超簡単に行えるというものです。

データだけでなく設定も引き継げてしまうので新しいPCも買った初日から以前のPCと全く同じ使い勝手で利用することができます。

しかも、それだけでなく色々なシーンで利用しているIDやパスワード、ブックマークや閲覧履歴といったものまで引き継いてくれているのでパスワードなんだっけ?IDなんだっけ?ということも一切ありません。

今回は外付けHDDを利用

MacBookのデータ移行は下記の3つの方法で行うことができます。

  1. WIFIを使って2台のMacBook間で直接データを移行
  2. 優先によって2台のMacBook間で直接データを移行
  3. 外付けHDDに保存したデータを新しいMacBookへ移行

今回わたしはデータ移行を行うのに有線で安心、さらに今後のバックアップも気軽に行えるようにと3の外付けHDDを使って行うことにしました。

おすすめの外付けHDD

今回わたしがデータの移行に使うために購入した外付けHDDは「MY PASSPORT」とよばれるMac用の外付けHDDです。

このMY PASSPORTはMac用に作られているため面倒な初期設定などが必要なく接続するだけですぐに使えるのが最大の魅力です。

箱の表面にも大きく「for Mac」と書かれていますね!

 

データ移行の所要時間は?

外付けHDDを使った作業では「旧Macからタイムマシーンで外付けHDDにバックアップをとる」「保存したバックアップを移行アシスタントで新Macへ移行」という2つの作業に別れています。

まずは「旧Macからタイムマシーンで外付けHDDにバックアップをとる」という作業の時間ですが全部で1時間くらいかかりました。

作業工程はかなり少なく誰でも簡単にできるものでした。

続いての保存したバックアップデータを移行アシスタントを使って新しいMacBookに移行する作業ですが、こちらは保存よりも短い40分程度で全ての作業が終了しました。

2つの作業を合わせても2時間もかからない程度の時間で終了しました。丸一日くらいかかるかな〜なんて思っていたので想像以上のスピードに驚きです。

今後はせっかく外付けHDDを購入したので定期的にバックアップを取っていきたいと思います。

 - メモ